ネクサス音楽出版より『リムセ・ファンタジー』(坂井貴祐 作曲)が出版されました。

ネクサス音楽出版より『リムセ・ファンタジー』(坂井貴祐 作曲)が出版されました。

アンサンブル(クラリネット八重奏) 販売譜

2021年10月15日、ネクサス音楽出版より、クラリネット八重奏『リムセ・ファンタジー』(坂井貴祐 作曲)が出版されました。

クラリネットアンサンブル・フェリチタのCD「retour」(NCD-003)のための書き下ろし作品として2020年冬に作曲。

タイトルにある「リムセ」とはアイヌ語で踊り歌のこと。その特徴は、”短い旋律をまず先唱者が歌い、続いてこの旋律を大勢が斉唱で繰り返す” というものですが、この作品では、そのリムセの中から「クリムセ」(弓の舞)、「フッタレチュイ」(黒髪の踊り・松の木の踊り)、「サロルンリムセ」(鶴の舞)、「エムシリムセ」(剣の舞)などを引用し、自由に組み立てました。

アイヌの音楽にはこの「リムセ」の他に「ウポポ」(座り歌)等がありますが、そのウポポの特徴である「ウコウク」(旋律を輪唱のように1拍ずつずらして歌い継ぐ)から発想を得た動きも一部取り入れています。
[参考文献:日本放送出版協会 編『アイヌ伝統音楽』(1965)、千葉伸彦 編『阿寒のうた』(2012)]

(スコアに載せたコメントより)

編成について

編成は以下の通りです。
なお、Alto Clarinetが用意できない場合はB♭Clarinetで、Contra-alto Clarinetが用意できない場合はString Bassで代替が可能です(楽譜セットの中にこれらのパート譜も同梱されています)。

Clarinet in E♭
1st Clarinet in B♭
2nd Clarinet in B♭
3rd Clarinet in B♭
4th Clarinet in B♭
Alto Clarinet in E♭ (or 5th Clarinet in B♭)
Bass Clarinet in B♭
Contra-alto Clarinet in E♭ (or String Bass)

YouTubeで試聴

クラリネット・アンサンブル・フェリチタによる演奏がフルサイズで公開されています。

詳細・購入はこちら(ネクサス音楽出版)