プロフィール:坂井貴祐

1977年6月10日、北海道生まれ。
北海道中標津高等学校を卒業後、尚美学園短期大学(現・尚美学園大学)音楽学科作曲専攻を経て東京ミュージック&メディアアーツ尚美 音楽芸術表現コース(現・尚美ミュージックカレッジ 音楽総合アカデミー学科3・4年次)を卒業。 卒業後は大村哲弥氏のもとで約2年間研鑽を積む。これまでに作曲を松下功、大村哲弥、延原祐の各氏に師事。

2000年、「セレモニアル・マーチ」が日本吹奏楽指導者協会(JBA)「下谷賞」(最高賞)を受賞。 同作品は2005・2006年度の中部日本吹奏楽コンクール課題曲にも選定された。2015年開催の第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」および2019年開催の第32回全国健康福祉祭「ねんりんピック紀の国わかやま」では式典音楽(入場行進曲)を全曲担当。作編曲作品の多くは、ブレーンミュージック、CAFUA、デハスケ、フォスターミュージック、ロケットミュージック、ウインドアート出版、ウィンズスコア等から出版 またはレンタルされている。21世紀の吹奏楽“響宴”実行委員。

主な作品に、
「セレモニアル・マーチ」(JBA下谷賞受賞)、「イグアス-大いなる水の躍動」(名古屋市民吹奏楽団委嘱)、「越中幻想」(富山県福野高校吹奏楽部委嘱)、「ルミナンス-光の都市」(陸上自衛隊東部方面音楽隊委嘱)、「ジャンヌ・ダルク」「アプローズ!」(共に航空自衛隊中部航空音楽隊委嘱)、「ペンタグラム」(ヴィーヴ!サクソフォーンクヮルテット委嘱)、「3つの情景」(北アルプス吹奏楽団委嘱)など。
URL:http://www.sakai-takamasa.com/

キーワード:【好きな作曲家】ブラームス/ドビュッシー/ラヴェル/ヴォーン・ウィリアムズ/ウィテカー/ラフマニノフ/カプースチン/J.アダムズ/ライヒ/デュリュフレ/オネゲル/バルトーク/三善晃/北爪道夫/矢代秋雄/A.リード/キャンプハウス/上原ひろみ/ハリー・G・ウィリアムズ/アラン・シルヴェストリ 【好きな指揮者】シャルル・デュトワ/ヤン・パスカル・トルトゥリエ/ネーメ・ヤルヴィ/ガーディナー 【好きな詩人】金子みすゞ 【好きな画家】笹倉鉄平/ロブ・ゴンサルヴェス/マグリット/ダリ 【使ってるもの】YAMAHA:MOTIF ES7(シンセ)/Makemusic:Finale 26(楽譜作成ソフト)

Biography : SAKAI,Takamasa

Takamasa Sakai was born in Hokkaido in 1977. After graduating from Hokkaido Nakashibetsu High School he studied music and composition at Shobi Junior College (current Shobi University), graduating from the Music Arts Expression course at Tokyo Music & Media Arts Shobi (current Comprehensive Music 4 year program at Shobi College of Music). After Shobi, he studied 2 years with Tetsuya Omura.

In 2000, Sakai’s work “Ceremonial March” won the “Shitaya Prize” (Blue Ribbon), awarded by the JBA (Japanese Band Directors Association). The piece was subsequently chosen to be the assigned piece of Chubu Japan Wind Music Contest in 2005 and 2006.
In 2015, Sakai arranged the music for the opening ceremonies of the 70th Kinokuni Wakayama National Athletic Competition. His work are available from Brain Music, CAFUA Records, De Haske, Foster Music, Rocket Music, Wind Art Publisher and Winds Score.